スーパータダライズを比較してみた   >   副作用比較

副作用比較

副作用

スーパータダライズを中心に副作用の比較をしていきたいと思います。
今回比較する対象の治療薬はスーパーカマグラ・スーパーPフォースとスーパーレビスマになります。
スーパータダライズとスーパーカマグラ・スーパーPフォースとスーパーレビトラはどれも2種類の有効成分からなる治療薬ですので、副作用が強く出る可能性がありますのでこちらで比較してみます。

まずはスーパータダライズの副作用を調べてみます。
スーパータダライズにはタダラフィル20mgとダポキセチン60mgが配合されておりますので、この2つの副作用を見ていきましょう。
タダラフィルには血流を良くする作用があり主な副作用は頭痛やめまい、ホテリなどになります。
そのほかにも動悸、消化不良、鼻づまり、下痢などがあります。
タダラフィルは水に溶けにくく、身体に浸透するが遅い分、急激に副作用が出ることが少ないです。
ダポキセチンの副作用には頭痛、不眠、めまい、吐き気下痢などがあります。
確率としては1〜10%だと言われています。

比較する他の治療薬であるスーパーカマグラ・スーパーPフォースの副作用についてです。
スーパーカマグラとスーパーPフォースは、全くおなじ成分配合で作られています。
シルデナフィル100?とダポキセチン60?です。
シルデナフィルは水に溶けやすく、早く身体に吸収されるため、副作用も出やすくなっています。
主な副作用は頭痛、胃もたれ、吐き気、めまい、ほてり、などです。

スーパーレビスマは、バルデナフィルとダポキセチンが含まれております。
副作用は頭痛、腹痛、めあい、胃もたれ等があります。

比較してみると、共通して副作用として頭痛やめまいなどが主な副作用になっているようです。

Copyright(c) 2017 スーパータダライズを比較してみた All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com